沿革HISTORY

1964年(昭和39年)
大東市において線材・釘・浪板等の鉄鋼二次製品卸販売を創業
1967年(昭和42年)
門真市脇田町に倉庫開設
1969年(昭和44年)
同地に事務所を移転して資本金400万円で大東鉄板株式会社を設立
1970年(昭和45年)
淀川製鋼所呉工場のカラー鋼板生産開始に伴い、販売に注力
プレハブハウスメーカーゼネコン下請け工場向けに拡販開始
1972年(昭和47年)
京都営業所開設、第Ⅰ倉庫建設、ジンク・冷延発生品の選別販売を開始
1973年(昭和48年)
京都営業所第Ⅱ倉庫建設、地元での建設資材販売開始
1976年(昭和51年)
亜鉛鉄板を従来の1級品に加えオーバロール・発生品の販売開始
1994年(平成6年)
資本増強を業容拡大と共に繰り返し、この年現資本金の 9,900万円 に増資
1995年(平成7年)
表面処理鋼板の販路拡大に一段と注力、ユーザー開発を推進を図る
1996年(平成8年)
(株)佐渡島の資本参加 20% を得る
1999年(平成11年)
(株)佐渡島の出資比率を 70% に高め関連会社となる
2003年(平成15年)
京都営業所閉鎖、同地区での事業を全面撤退
2004年(平成16年)
貿易部開設 鋼板の輸出入業務を開始
2004年(平成16年)
本社事務所を大阪市中央区久太郎町に、倉庫を大正区南恩加島町に移転
営業・業務の合理化とスピード化推進に対応
同時に人材開発にも努め、4名の増強を図る
2006年(平成18年)
I’llと提携 鉄鋼流通の基本ソフトを開発、業務の一段の合理化を図る
2006年(平成18年)
鞍鋼と提携し、GIの国内販売を始める
2009年(平成21年)
中国・ベトナム→ASEAN諸国への3国間貿易を開始
2010年(平成22年)
ISO14000取得(認証番号ECO2JO369-4)
2011年(平成23年)
㈱佐渡島の出資比率が85%になる
2017年(平成29年)
㈱佐渡島の出資比率が90%になる